不動産売却の流れ

不動産を売却するということは様々な理由があるかと思われます。ここでは不動産売却の際の流れを紹介します。 まずは、物件周辺の相場を知り、いくらぐらいで売却できそうなのかという目安を立てます。次に不動産会社を探します。信頼できる不動産会社を出会うためには、情報を収集することから始めます。不動産会社が決まったら、物件の価格査定を依頼します。売却する物件の価格をプロの目から査定してもらうため、複数社に査定を依頼するのもよいでしょう。査定に納得し、不動産会社に仲介を依頼する場合は、媒介契約を結びます。

その後売り出し価格を決めていきます。希望の売却価格だけでなく、査定価格や周辺の売却事例などを含め、市場の動向も交えて慎重に決める事です。購入したいという人が現れたら、売却の条件交渉を行います。価格はもちろんですが、そのほかに条件として譲れる点と譲れない点を明確にしてから交渉を始めます。

売買契約を結ぶ前に、物件の情報をできるだけ正確に購入を希望した人へ提供します。これは契約締結後のトラブルを避けるためにも大切なことです。物件に不具合や欠陥などがある場合にも、誠実に伝える事が大事です。売買条件に合意したら、売買契約を結びますが、このとき一般的に物件価格の10%から20%程度の契約金を受け取ることになります。

次にいよいよ不動産に引き渡しですが、売買代金を受領するのと同時に登記申請を行い、設備や備品などの取り扱いについても買主と現地で立ち会いをした上で確認します。また、引き渡し後の税務申告などの手続きも漏れの内容にします。

 

Copyright © 2014 不動産売却の豆知識 All Rights Reserved.